中国西北地区ニュース

シルクロードも世界遺産へ…中国など3か国推薦

 中国とカザフスタン、キルギスの3か国が、世界文化遺産登録を目指して推薦している「シルクロード」について、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス)」が、登録するようユネスコに勧告したことがわかった。  6月にカタールのドーハで開かれる世界遺産委員会で「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)などとともに正式決定される見通しだ。  中国の洛陽から「天山回廊」と呼ばれるルートを経てカザフスタン南東部に至る、かつての道路網に沿った33か所の遺跡などが構成要素。唐代に建てられ、玄奘(げんじょう)が経典を収めたとされる中国・西安の「大雁塔(だいがんとう)」や、極彩色の仏教壁画が残る中国・新疆ウイグル自治区の「キジル石窟寺院」、キルギスの都市跡「アク・ベシム遺跡」などを含む。イコモスは、「人や物の通路であっただけでなく、知識や信仰、技術革新の流れを生んだ」と評価した。

(2014年05月03日 YAHOOニュースより)

サブコンテンツ
サブコンテンツ2

シルクロード旅行はNWCTS by 西安中信国際旅行社 MENU

Copyright (C) 2009 NWCTS by 西安中信国際旅行社. All Rights Reserved.

西安中信国際旅行社有限責任公司

中国国家旅遊局授権国際旅行業務資格:L-SNX-GJ00029
住所:〒710061 中国陝西省西安市碑林区南関正街中貿広場5号2単元16階
TEL:(86‐29)8788‐1980
FAX:(86‐29)8788‐1980