中国西北地区ニュース

新疆で高速鉄道が開業、ウルムチ・ハミの530km・・・17年には北京まで開通

 甘粛省蘭州と新疆ウイグル自治区ウルムチを結ぶ高速鉄道「蘭新鉄路第2双線(蘭新高鉄)」のウルムチ・ハミ間530キロメートルの営業が16日に始まった。鉄道部門によると、同線は2017年に全線開通し、蘭州を経由して現在41時間を要しているウルムチ・北京が16時間で結ばれることになるという。中国新聞社などが報じた。  16日に開通したのは、ウルムチ南駅から、トルファン北駅、ピチャン北駅、トゥハ駅を経てハミ駅に達する路線。最高時速200キロメートルで運転し、ウルムチ・ハミをこれまでの5時間から3時間に短縮した。
 「蘭新鉄路第2双線」は2017年に全線開通の予定。起点/終点のウルムチ南と蘭州西艦の総延長は1776キロメートルで、北京と上海を結ぶ京滬高速鉄路の1318キロメートルを抜いて、「世界で最も長い高速鉄道路線」になるという。
 16日に開業したウルムチ・ハミ間は当面、CHR5型4編成で営業する。CHR5型を製造するのは中国北車集団傘下の長春軌道客車だ。同社客車開発部の朱彦副部長は、CHR5型の列車先頭部分について「空気抵抗を減らすため、政体工学を用いて流線型にデザインした」と説明。「側面から見ると、今にも行動を起こそうというワニに似ている」、「ワニは獲物を襲う瞬間、驚くべき速度を出す。車両先頭部分は、このワニから霊感を得た」と述べた。
 CHR5型はフランスのアルストム社と提携して導入した高速鉄道車両で、旧フィアット社の「ペンドリーノ」ETR600型電車をベースとした動力分散方式による高速電車車両。CHR5型とETR600型の違いは、車幅を拡張して1列に最大5席を設置できるようにしたことなどだ。

(2014年11月17日 YAHOOニュースより)

サブコンテンツ
サブコンテンツ2

シルクロード旅行はNWCTS by 西安中信国際旅行社 MENU

Copyright (C) 2009 NWCTS by 西安中信国際旅行社. All Rights Reserved.

西安中信国際旅行社有限責任公司

中国国家旅遊局授権国際旅行業務資格:L-SNX-GJ00029
住所:〒710061 中国陝西省西安市碑林区南関正街中貿広場5号2単元16階
TEL:(86‐29)8788‐1980
FAX:(86‐29)8788‐1980