延安の観光スポット紹介

中国革命の一大イベントであった長征の終着地であり、 毛沢東が延安の石窟に拠って抗日戦線の指揮を取ったことであり、 またこれら事跡によって革命の聖地とされていることです。 毛沢東は共産党勢力の拡大と自身の権力基盤の構築に熱心であり、 1936年6月に毛沢東率いる中国工農紅軍陝甘支隊が延安に入った後、1930年代から1940年代にかけて抗日軍政大学、 魯迅芸術学院、延安大学など思想面の強化も含めて根拠地建設が進みました。 共産党はこの地で「整風運動」と呼ばれる思想統制運動を行いました。

  宝塔

革命の街延安のシンボルとして有名な塔です。 延河沿いの宝塔山という小高い丘の上に建っています。 明代に建てられたこの塔は改修を重ね、現在の姿になりました。 全部で九層あり、高さは44mです。

  延安革命記念館

中国で最も早く建てられた革命記念館です。4000u程の館内には、2000点程の文物の他、模型や油絵なども展示されています。 記念館前の大きな広場には、毛沢東の銅像があります。

  棗園革命旧日址

毛沢東ら中共幹部の3番目の住居が置かれた場所です。棗や杏などが生い茂る美しい林の中にあり、敷地内には小講堂をはじめ、 作戦研究室などの建物が残っています。

  中国人民抗日軍政大学旧址

もともとは江西にあった 中国工農紅軍大学が延安に移転した際の大学跡です。

  鳳凰山麓旧址

延安で最初に共産党の本部が置かれた所です。 1937〜38年に毛沢東、朱徳、周恩来が住んでいたヤオトンがあり、ここで「持久戦論」等を書いたと言います。

  楊家嶺革命旧址

もともとは江西にあった 中国工農紅軍大学が延安に移転した際の大学跡です。

  王家坪革命旧址

共産党八路軍の総司令部があった所です。1943〜45年の間毛沢東が住んでいました。

  黄帝陵

伝説上の三皇五帝の一人、黄帝の廟です。

  黄河壷口瀑布

延安近く山西省との境宣川県にある中国第二の規模を誇る瀑布で「黄河の心臓」とも称されます。 直前まで川幅400m有った黄河は一気に川幅30Mまで縮まり、押し寄せる水は大迫力です。

サブコンテンツ
サブコンテンツ2

シルクロード旅行はNWCTS by 西安中信国際旅行社 MENU

Copyright (C) 2009 NWCTS by 西安中信国際旅行社. All Rights Reserved.

西安中信国際旅行社有限責任公司

中国国家旅遊局授権国際旅行業務資格:L-SNX-GJ00029
住所:〒710061 中国陝西省西安市碑林区南関正街中貿広場5号2単元16階
TEL:(86‐29)8788‐1980
FAX:(86‐29)8788‐1980