チャルクリクの紹介

【チャルクリクの概要】
チャルクリクは西域南路と青海省や甘粛省を結ぶオアシスであり、中国語では 「従順な羌族」、ウイグル語では「紡ぎ車」 という意味を持ちます。人口は3万人ほどの西域南路の小さなオアシス都市です。 米蘭古城や楼蘭へ行く際の中継点の役割を果たしています。
かつてチャルクリクは楼蘭国の支配を受けていました。

米蘭(ミーラン)古城

 チャルクリクより東へ90Kmほどにある米蘭古城は1907年、イギリスの探検家スタインによって発見されました。 この遺跡は大きく、仏教寺院として、また城郭としての性質も持ちます。 仏教遺跡として注目され始めたのは、1989年に有翼天使像という壁画が発見されてからです。中国ではまだ他に発見されていません。 これは、楼蘭国最盛期の3〜4世紀の作品と考えられています。
 また、城郭として栄えたのは唐代末にチベット系の吐蕃によって支配されていた時期と考えられています。 城壁の周囲は308mで現在でも物見台や門の跡が残ります。

楼蘭古城

 1900年、スウエーデンの探検家ヘディンによって発見された楼蘭国の都クロイナの城跡です。  楼蘭はシルクロードの西域南道と西域北道の交差点として栄えた国で、最盛期には東西の物資や文化が行き交い相当な賑わいを見せたと言われています。  445年、北魏によって滅ぼされ、その後ロブノールの移動とともに砂の中に埋もれ、630年以降は  忘れ去られた街となってしまいました。正方形の形をした城壁は1300mほどあり、その中には  水路や住居跡が残っています。また周囲には仏塔や烽火台も古墳群が確認できます。  1927年、その古墳群から若い女性のミイラが発見されました。現在そのミイラはウルムチの自治区博物館に展示されています。

サブコンテンツ
サブコンテンツ2

シルクロード旅行はNWCTS by 西安中信国際旅行社 MENU

Copyright (C) 2009 NWCTS by 西安中信国際旅行社. All Rights Reserved.

西安中信国際旅行社有限責任公司

中国国家旅遊局授権国際旅行業務資格:L-SNX-GJ00029
住所:〒710061 中国陝西省西安市碑林区南関正街中貿広場5号2単元16階
TEL:(86‐29)8788‐1980
FAX:(86‐29)8788‐1980