ヤルカンドの紹介

【ヤルカンドの概要】
タリム盆地の西端に位置するヤルカンドはカシュガル地区では67万人が暮らしています。 漢代には莎車国が置かれ、以降渠沙国、ヤルカンド・ハン国などが栄えた所です。 古代よりシルクロードの要所でインド方面へ向かう際には必ず通過しなければならない場所でした。 マルコ・ポーロも「東方見聞録」の中でヤルカンドに関し記述を残しています。

アルトゥンルク

 一つのモスク、二つの陵墓という構造をしています。陵墓の一つはヤルカンド・ハン国の建国者、サイード・ハンの物、もう一つは二代目国王  スルタン・アブドラ・ラシッドの王妃、アマニシャーハンものです。モスクはスルタン・アブドラ・ラシッドの建立です。  

アズナミジティ・ミージー

  伝統イスラム建築のモスクです。中庭には樹齢580年のニワウルシの木があります。

サブコンテンツ
サブコンテンツ2

シルクロード旅行はNWCTS by 西安中信国際旅行社 MENU

Copyright (C) 2009 NWCTS by 西安中信国際旅行社. All Rights Reserved.

西安中信国際旅行社有限責任公司

中国国家旅遊局授権国際旅行業務資格:L-SNX-GJ00029
住所:〒710061 中国陝西省西安市碑林区南関正街中貿広場5号2単元16階
TEL:(86‐29)8788‐1980
FAX:(86‐29)8788‐1980